筑摩野中学校北側
ご予約・お問合せはこちら
tel.0263-31-5643

小児歯科

小児歯科とは

小児歯科では、お子様の虫歯の治療・予防方針を立て、乳歯を経て永久歯が生え揃うまでの間に、お口の健康管理を行います。

お子様の歯の治療となりますと永久歯に関心がいきがちですが、実は乳歯の治療も、お子様の正常な成長発育には欠かせないのです。
乳歯を大事にすることは、きれいな永久歯や正常な歯並び、噛み合わせへの第一歩です。

また、治療と同時に予防もさらに大切です。当院では、乳歯から口腔内の環境をしっかり整える診療を行います。

生え変わりについて

子どもは、6歳~12歳頃にかけて、身体の成長に伴ってあごも成長し、「乳歯」から「永久歯」へと生え変わっていきます。永久歯が生え揃うと噛む力が増し、いろんな食べ物を食べることができ、食生活がより楽しめるようになります。

そのため、乳歯はそのうち生え変わるので食べ物を噛めれば問題ないと考える方もいるかと思いますが、顔の形を整えて顎の発育を助けるのをはじめ、言葉を発する際の発音のサポート、さらに永久歯が正しく生えるように導くといった大切な役割を担っています。

永久歯に生え変わった際の歯並びや歯の噛み合わせを整え、健全な食生活を送れるようにするためにも乳歯の頃からのしっかりした治療・管理が不可欠です。

乳歯の虫歯もしっかり治療

乳歯は永久歯に比べて小さく、エナメル質や象牙質の厚みも半分以下なので、虫歯に「罹りやすく」、しかもその「進行が速い」のが特徴です。
当院では、このような小児特有の治療背景を踏まえ、お子様の年齢・成長などに合わせた治療を行っております。乳歯の虫歯を見つけたら、決して放置せず速やかにご受診ください。

お子様の虫歯予防について

当院では、お子様の大切な歯を「フッ素塗布」や「シーラント」などの虫歯予防で歯質を強化します。またブラッシング指導も個別に行っていますので、お気軽にご相談ください。

ブラッシング指導

保護者の方にも診療室に入っていただき、「仕上げ磨き」のポイントなどをご説明いたします。ブラッシング指導は歯磨きを習慣づけられるよう3歳頃から行います。
成長に合った歯ブラシ選びのご相談も受け付けております。

フッ素塗布

フッ素は、虫歯菌が出す「酸」に対抗する強い歯質をつくり、虫歯に対する抵抗力を高めます。
特に効果的なのが乳歯や生え変わったばかりの永久歯です。
また、初期の虫歯を再石灰化(一度溶け出したイオンやミネラルが歯の表面に戻って修復されること)して修復を促し、虫歯の進行を防いでくれます。

シーラント

幼い頃は奥歯の溝が深く、形状も複雑なため、歯ブラシの毛先が入りにくいものです。
そのため、毎日歯磨きしていても、虫歯になってしまうことがあります。シーラントは、そんな奥歯の溝を薄いフッ素入りの樹脂で塞ぐ虫歯予防法です。

ご予約・お問合せはこちら
tel.0263-31-5643
診療科目
一般歯科 矯正歯科(成人・小児) 予防歯科 小児歯科 ホワイトニング 審美歯科 入れ歯
院長
木暮 杏太郎
所在地
長野県松本市村井町北二丁目8番27号(筑摩野中学校北側)
アクセス
篠ノ井線 平田駅徒歩13分
※最終受付時間は就業30分前
休診日:日曜・祝日
  …1、2週目の土曜のみ診療
日祝
9:30-
13:00
15:00-
19:00

Page Top